×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ

もどる

 

 


 4月1日

4月1日といえば去年から何かやりたかったのですが、ありきたりな偽閉鎖をしてみました。

『閉鎖しました。また明日お越し下さい。』

なんて不自然な文章にしておいたので、一瞬はだまされてもすぐわかるだろうと思っていたのですが、まさか身内が本気にするとは思ってもみませんでした

友人から「4月馬鹿ですかw」とかメールがきていたので大成功〜♪とか思っていたのですが、

どっきり企画のつもりで今回のことを伝えていなかっためるとが、本気だと思って今後のことについてのメールを送ってきました

どうやらめるとが色々な方に閉鎖だと思って相談したそうで、相談を受けた方にはご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございませんでした。

 

 


4月4日

ていじまはりすなの個人サイトとなりました。別にめるとと絶交したというわけではないので、双方ともお引き立てくだされば幸いです。

 

さて、私の友人にU君という方がいるのですが、今日はそんな彼のお話を。

彼は一人暮らしをしつつ大学に通っているのですが、友人に囲まれて楽しい大学生活をおくっているようです。

ある日、U君の友達のSさんが「24」のビデオをU君に渡しました。レンタルビデオ店で借りて面白かったからU君にも観てもらおうと思ったそうです。

24とは11時間で主人公の24時間を描くというドラマで、1シーズン24話で構成されています。

ここまではいいのですが、問題は、SさんがU君にレンタル期間が残り二日の状態で24を1シーズン分貸したことでしょうか

さらに、その2日で24を1シーズン観終えたU君もものすごいと思いますが

後日、U君が友達と一緒に大学のカフェテラスにいると、Sさんがやってきて「あ、24どうだった?面白かったでしょ?」と話しかけました。

さらに周りの友達に「もしよかったらみんなにも借りてきてあげようか?」といったそうですが、U君の友達はみんな断ったそうです

悪気がまったくなかったようでSさんは不思議そうな顔をしてたそうな。

そして、U君の友達のあいだでSさんにはビデオを借りるなという暗黙のルールができたそうです

  

 


4月13日

 

ゲームのレビューを追加しました。ネタはアトランチスの謎です。

それと、リンクも追加いたしました。−SCARLET DARKNESS DIARY OF [ F ]という、Fさんが管理されているブログです。

ぜひ一度足をお運びいただければ幸いです。

 

電車に乗っていたときのことなのですが、私の前に立っていた女性がガムをかんでいました。

それだけなら普通ですが、その女性、アゴで円を描くようにガムをかんでいたのです。

しかもやたらかむスピードが早く、まるで高速で草を食むラクダのようでした

 

 


4月19日

病気がちょっと再発しました。

時間が出来たので更新です。ゲーム紹介も追加しました。ネタはクレイジークライマー(FC版)です。

 

嘘のような本当の話を紹介します。

この間電車に乗っていたときにカップルがいまして、その女性がこんなことをいっていました。

「そういえばパンツ持ってこなかったんだよねー。お兄ちゃんに履かれちゃってさあ

聞き間違いかと思いましたが、その後もお兄ちゃんという単語が何度も出てきましたので間違いないかと思われます。

 

 


4月21日

カウンターを設置。今までのカウントはめるとにおんぶに抱っこだったと思われるのでとりあえず500からスタートです。

区切りのいい数字になったら、なにか企画でもやろうかと思います。

ゲーム、フロントラインを紹介しました。

 

先日行った健康診断にて、去年と比べて体重が10キロ近く増えていました。

気分を落ち着かせるために空腹でもないのに無理やり食べていて、運動していなかったのだから当然といえば当然ですが。

でも病気が再発してあまり食べなくなったら身体測定から1週間もたたずに3キロほどやせました。ダイエットになりましたよ。

名づけて鬱病ダイエットでしょうか。笑えませんね、すいません。

 

拍手レス

>アトランチスは微妙だな

紹介記事でしょうか?ゲームでしょうか?いずれにしろ微妙でない記事になるよう努力します。

>「ウラ更新」を隠しページ更新と勘違いしてましたorz

ゴーストページを隠しページだと思っていただければ。

 

ゴーストのウラは日記と雰囲気が違う娘なのである意味裏コンテンツともいえます。

ちなみにウラというのはドイツ人名です。

 

 

 

 


4月23日

ゲーム紹介を2つ追加しました。スペランカーウィザードリィ(ファミコン版)です。

今回は先に拍手レスを。

>カウンターがなぜ500なのかその定義をお聞かせ願いたく候 2重カウンターしてますよ?

二重カウンターはスクリプト間違えですので訂正しました。

500に関してはDisk-2や噂と評判、ゴーストセンターなどの伺か関係からの訪問者様によるHIT数が500(正確には500よりも多かったのですが)だったので。

ゴーストの更新も忘れないように自分へ言い聞かせるつもりで500からのスタートにしました。

 

Fさんから「絶対やって下さい」というただし書きつきでバトンがまわってきました。

私はバトンに回答するのが苦手なんですが、渡された以上は責任を持ってやろうかと。

 

「口説きバトン」

 

【注意】

これは常人には精神ダメージがかなり大きいバトンです。

読む時は5回ほど深呼吸をし、覚悟を決めてから読んでください。

以下のキーワードを絡める、

もしくは連想させる口説き台詞を自分で考え、悶えながら回答してください。

答える生け贄もとい勇気ある人々にこの言葉を送ります

【恥を捨てろ、考えるな】

*リアルで言ったら変人扱いされるようなキザ台詞推奨*

 

とのことです。

で、半日かけて考えていたのですが、なかなかいい台詞が思いつきませんでした。ごめんなさいFさん。

 

 

【口説きバトン】

 

・キーワード1 『雪』

君はスノーホワイト、魔女のりんごの呪いから君を解き放つ王子はこの私だ、さあ、口付けをかわそう。

 

・キーワード2 『月』

月は狂気を招くものさ、今から俺は狂う、お前という存在にな。

 

・キーワード3 『花』

薔薇の花びらを敷き詰めたベッドの上で、君と溶け合いたい。

 

・キーワード4 『鳥』

もし私とあなたが鳥だったら天高く羽ばたき、太陽と雲に祝福されながら、永遠の愛を誓うことだろう。

 

・キーワード5 『風』

俺は今まで自分を何にもとらわれない、自由な風だと思っていた…

だが、お前に出会ってから、風でいることよりも、木でありたいと思うようになった…

 

・キーワード6 『無』

 私は(胸が)無いほうが好みだ

 

・キーワード7 『光』

 このダイヤを君に贈ろう。この輝きでは君の輝きには到底かなわないけどね。

 

・キーワード8 『水』

 人は水がないと生きられない。僕は君がいないと生きられない。

 

・キーワード9 『火』

 私の愛の炎は山を焼き払うことだって、南極の氷を溶かすことだって出来る。さあ、私の愛を抱きとめてくれたまえ。

 

・キーワード10 『時』

 君がしわだらけのおばあさんになったとき、一緒に縁側でお茶を飲んでいるおじいさんに、僕はなりたいな。

 

 

 

回答終了。

なお、この日記を見てまだ回答したことがない方は、私と同じ苦労をしてもらうためできるだけ回答してください。

 

 

 

 


4月28日

ゲーム紹介を追加しました。夢幻戦士ヴァリス(ファミコン版)です。

紹介するゲームのリクエスト(ファミコンおよびスーパーファミコン限定)を受け付けようかなと思い始めましたが、

リクエストを受けておいて「できませんでした」という可能性があるので踏み切れないのが情けない今日この頃です。

 

麻生外務大臣がマンガノーベル賞やアニメ文化大使の創設を計画しているそうです。

麻生外務大臣といえば下手なオタクよりも漫画に詳しいほどのマンガ通として知られていますから、こうお考えになられても不思議ではありませんね。

ただ、審査をする人によってえらく結果が変わりそうですが。

もし国民が選べるのだとしたら、私は少女が腹から内臓を撒き散らしながら戦う東京赤ずきんに一票入れたいと思います。

 

拍手レス

>バトンの回答上手いなーと思ってたら6で笑いました。

あれは半分本音です

 

以下は伺か関係の話題です。

 

Wizいわく、先日のバトンの回答は罠だそうです。意味がわからないという方は↓の23日の日記を最後までお読み下さい。

自分が発信した企画にのってもらった以上、こちらも企画にのってみようということでWiz★さんのゴースト開発者問うというのに回答させていただこうかと。

 

Q.自分のゴーストを紹介してください。

   ユーザーさんをほったらかしにしてしゃべるゴーストです。

ああいった形で恋愛に関するトークをするゴーストというのは、ちょっと珍しい部類に入るのではないかと勝手に思っています。

 

Q.ゴーストに何を求めますか。

トークとシェルですね。

両方兼ね備えていれば尚よしですが、フリーシェルを使うのも選択の一つなので中身で勝負というのも当然ありです。

逆に、絵が描けるから・描きたいからゴーストを作るというのも間違ってはいないと思います。